耒タルベキ素敵 caillou632.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

毒母


b0177458_8345091.png


昨日図書館で借りてきた本。

遠野なぎこ著「一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ」

読みやすいので一気読みしました。



独自の恋愛論を展開する遠野なぎこさん。
ご両親から、特に母親からの虐待が激しく、兄弟の中でも疎外感を感じ、母親のためにいくら頑張っても母は褒めるどころか貶してくる、その時の心情やらも事細かに書かれていました。

文章から感じる言葉は「激しい」ということ。


抑圧された子供時代を過ごしてこうも激しくなり、母を捨てるという覚悟を持ってしてこんなに奔放になれたんだろうと思います。


人を信じたいけど信じれない。

お母様から愛情を感じられる言葉が一つでもあったなら良かったのに。

人間は後悔をする生き物ですが、このお母様が娘にしたことに後悔を感じることはあるのでしょうか・・・。

失敗、反省、後悔・・・そういう負の要素があって人間って成長できると思います。



遠野さんには頑張って欲しいです。
[PR]
by caillou6328 | 2015-01-06 08:34 | ほん・まんが・げえむ